プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年05月08日

2012年04月14日

「龍の鱗を拾った少女」 其の壱

ある晴れた日に、野山を駆け巡っていた時、

友だちと少女は自転車を走らせていました。

少女の目には、いつもよく見ている風景が
目の前にありました。ですが、どこかいつもと異なっていたのです。

  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 11:36Comments(0)あのニュースに一言

2012年02月04日

昭和×平成×Japan×namevalue

おはようございます。

昭和歌謡の由紀さおりさんと
初音ミクのニュースをしていました。  続きを読む

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 10:56Comments(0)あのニュースに一言

2012年01月15日

学びの21世紀塾

おはようございます。

豊後高田市の表題のニュースを知りました。

市の教育委員会を通じて、市民に平等に無償の
教育を提供している。

  続きを読む

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 09:11Comments(0)あのニュースに一言

2011年12月18日

今、何故従軍慰安婦問題なのか?

こんばんは。

寒くなりましたね・・・。

こんな大変興味深い記事を見つけました。

http://bit.ly/svEQxy   続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 19:25Comments(0)あのニュースに一言

2011年12月06日

「2:8」

こんばんは。

あの消費税・・・社会保障と税の一体化改革案は
大変なことをもたらすとか。

どうなんでしょうか?  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 00:32Comments(0)あのニュースに一言

2011年09月21日

今年は自然災害の当り年・・。

こんばんは。お疲れ様です。。

首都圏が巨大台風にしてやられました。。
  続きを読む

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 22:20Comments(0)あのニュースに一言

2011年09月15日

鉢呂氏辞任問題の真実。

こんばんは。

今夜とても興味深い内容を拝見しました。

  続きを読む

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 00:02Comments(0)あのニュースに一言

2011年09月13日

ALL JAPANの意識が変わった!!

こんばんは。

3.11反原発デモで、You Tu・・で新宿駅前での逮捕者の
録画を視ました。

そしてある方はこんなコメントを。

  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 01:03Comments(0)あのニュースに一言

2011年08月27日

東京で黒い雨が降っています。

おはようございます。

昨日夕方の事です。都内でも局地的集中豪雨に
見舞われていました。。

そして私は気付いたのです。

東京でも「黒い雨」が降っています。
  続きを読む

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 05:34Comments(0)あのニュースに一言

2011年08月24日

日本政府が首都機能の移転を画策中。

こんばんは。

標題のニュースを目にしてのこと。

やはり巨大地震や津波を含めて首都機能の
移転を名古屋や大阪に準備中とのこと。  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 00:30Comments(0)あのニュースに一言

2011年07月19日

そろりそろり出番かな?

こんばんは。

あのなでしこジャパンが世界1位になりましたね。

本当におめでとうございます。。

よかったですね・・・www  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 22:59Comments(0)あのニュースに一言

2011年07月13日

「貧しい国にはなりたくない。」 By 与謝野馨

こんばんは。

あの与謝野馨氏が標題の言葉をインタビューで
語っていました。。

この方は都内の選挙区の人。
中曽根康弘元首相の秘書だったとか。

  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 03:57Comments(0)あのニュースに一言

2011年07月09日

自然災害による被災者の保護に関するIASC運用ガイドライン

こんにちは。はあとふる.です。

「自然災害による被災者の保護に関するIASC運用ガイドライン」などの国際基準

http://hrn.or.jp/activity/IASC_OPERATIONAL_GUDELINES__J__combined_draft%20_lms__v2.pdf

をご存知ですか?

日本政府や東京都等各地方自治体は、この「国際基準」に則って、東北大震災および福島原発震災による被災者の支援を即、実行する責任と国民を保護する義務がありました・・・。

今日からは少なくとも、世界に恥じない公僕の
人達や政治家の施策や姿勢が問われると思います。

次は別に転じるとしましょう・・・。

  続きを読む
タグ :voL.2

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 11:23Comments(0)あのニュースに一言

2011年06月11日

新しい対話を国民としよう!!

こんなニュースが届きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(前略)

田坂広志が内閣官房参与として、
 企画立案に携わった、

 自然エネルギーに関する「総理・有識者オープン懇談会」

 が、6月12日日曜日、午後2時から、
 首相官邸にて、開催されます。

 当懇談会は、ネットにて同時中継が行われ、
 ツイッターを通してのコメントや質問など、
 誰もが参加できるオープン懇談会です。

 この新たな試み、ぜひ、ご参加ください。

 下記に、詳細を転載します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 1.開催趣旨

  このたび、菅直人内閣総理大臣に対して、元サッカー日本代表監督の岡田武史氏、
 ミュージシャンの坂本龍一氏、ソフトバンク社長の孫正義氏、
 環境ジャーナリストの枝廣淳子氏、ap bank代表理事の小林武史氏ら5氏から、
 それぞれ、「いまこそ、自然エネルギーの本格的普及を」との要望を頂きました。

  そこで、これら5名の方々に、一堂に集まって頂き、
 総理との懇談会を開き、率直な意見と提言を聞かせて頂くとともに、
 「これから、どう自然エネルギーを普及させていけばよいか」について、
 積極的な意見交換をさせて頂きたいと思います。

  なお、新たな試みとして、この懇談会は、
 ネットを通じて動画中継を行い、ツイッターでの質問を受けることにより、
 テーマに関心あるすべての国民とメディアがリアルタイムで参加できる
 「オープン懇談会」とさせて頂きます。

  6月12日(日)午後2時、
 政府、有識者、メディア、国民の「新たな対話の形」が始まります。

  多くの方々のご参加を。


 2.日時  平成23年6月12日(日) 14:00-15:30


 3.場所  首相官邸


 4.参加および取材

  ・ 懇談会での議論は、インターネット同時中継で全てを視聴できます。
    中継動画については、官邸ホームページのバナーからご覧ください。
    (http://www.kantei.go.jp/

  ・ ツイッターの下記ハッシュタグによって、進行中の議論に対して、
    コメントをすることができます。(コメント用 #c-openkon)

  ・ 同様に、有識者および総理の発言に対して、下記ハッシュタグによって、
    質問を投げかけることができます。(個人質問用 #i-openkon)

  ・ さらに、有識者および総理の発言に対して、メディアの方は、
    下記ハッシュタグによって、取材のための質問を投げかけることができます。
    (メディア取材用 #m-openkon  媒体名と氏名を明記の上ご質問ください)

  ・ 時間の制約上、いただいた質問の全てに対して、
    懇談の席でお答えすることは困難な場合があります。ご了承ください。
    ただし、多くの方からいただいたご質問については、
    後日、官邸ホームページ等でお答えすることを考えています。


 5.参加予定有識者(五十音順)

  ・ 枝廣淳子 環境ジャーナリスト
  ・ 岡田武史 元サッカー日本代表監督
  ・ 小林武史 ap bank代表理事
  ・ 坂本龍一 ミュージシャン(ビデオメッセージによる参加)
  ・ 孫 正義 ソフトバンク社長

  [司会]藤沢久美 シンクタンク・ソフィアバンク副代表


                              以上

  
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 15:17Comments(0)あのニュースに一言

2011年06月10日

原発疎開 ~覚悟の世紀を生きる時代に突入~

おはようございます。

福島県の乳幼児を持つ母親が
放射能汚染から脱するため、日本全国へ
疎開している報道がありました。


昔は戦争での地方疎開でしたが・・・。
  続きを読む
タグ :覚悟

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 06:46Comments(0)あのニュースに一言

2011年06月05日

自分の生命を護って

こんにちは。はあとふる.です。

今日も「ホットスポット」が千葉県柏市や流山市に
も存在するとニュースが流れています。

3月11日の直後に降った初めての雨の日のことです。


  続きを読む

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 11:48Comments(0)あのニュースに一言

2011年05月22日

遅くなりましたが、緊急声明で参加しました。

「誘発地震の危険に対する原発の停止と対策を求める緊急声明」

 東日本大震災によって、福島第1原発ではチェルノブイリに匹敵する原子力災害が発生した。日本は、広島・長崎の被爆に続き、福島で被曝という悲しい体験を負うに至った。作業員・周辺住民・子供たちをはじめ多くの人々の健康が、被曝により深く危惧される。小佐古敏荘東大大学院教授(放射線安全学)の内閣官房参与辞任に象徴されるように、政府の対応は、まだ不十分と言わざるを得ない。

 そもそも、地震と津波によるこのような原子力災害は、決して想像できなかったことではなく、様々な形で識者や市民から警告されていたことであった。それ故、この災害は「天災」ではなく、「人災」と言わなければならない。原発推進者たちはM9.0のこの震災を「想定外」として責任を回避しようとしているが、少なくとも今後はこのクラスの震災を「想定内」として、原発を管理しなければならない。

 しかも、地震学者たちは、東日本大震災によって日本列島の下のプレートに地殻変動が起こっていると指摘し、近い未来に、M9ー7クラスの房総沖地震、関東南部地震、北海道沖地震や、東海地震、東南海地震、南海地震が起こりうると科学的に予測し警告を発している。

 そこで、これらの誘発地震の想定されうる地域において、M9-7クラスの地震に対する対策が充分になされていない原子力発電所は、すぐに停止し、充分に津波・耐震対策などの安全対策を施す前は稼働してはならない。また、定期点検中の福島原発第4号機で使用済み核燃料プールから爆発が生じたように、現在停止中のものも含めて、全国の原発に対して、緊急の防波堤建設や緊急時電源確保、耐震性改善をはじめ、このような危険に対して早急な対策が施されるべきである。

 具体的には、福島原発をはじめ東北大震災で危険性が明確になった東北の女川・東通原発(いずれも停止中)の他、特に、世界でもっとも危険と言われる浜岡原発(運転中)、東海第2(停止中)、伊方原発(運転中)などの太平洋岸の原発に対して、即時の稼働中止ないし使用済み燃料棒に対する安全対策が早急に施されるべきである。1次冷却水の放射性物質(放射能)濃度が上昇した敦賀第2原発(運転中)の即時停止はもとより他地域の原発に関しても、地震・津波の危険がある場合はそれに準じた対応が検討されるべきであり、電力需要に応えるための運転再開はなされるべきではない。

 特に東海第2原発は、東日本大震災で冷却機能停止の危機に瀕し(外部用電源停止、津波により非常用ディーゼル発電機用海水ポンプも3台の内1台停止)、使用済み核燃料貯蔵プールなどから溢水した。また、六ヶ所再処理工場も、同様の危機に瀕した(外部電源停止、非常用ディーゼル発電機2機の内1台停止、核燃料貯蔵プールからの溢水)。さらに4月7日の震度5の余震で東通原発は、停止中の1号機の使用済み燃料プールでやはり深刻な事態(外部電源停止、核燃料貯蔵プールの冷却停止、非常用ディーゼル発電機3機の内、点検中の2台を除く1台のみ機能したものの、外部電源復旧後に燃料漏れで使用不能となる)に陥った。これらは、福島原発と同様の事態に陥るまで、紙一重の状態であったと言え、東通原発の危機は震度5レベルの余震でも福島原発のような悪夢の事態が起こりうることを例証している。さらに女川原発でも、本震(1号機では外部電源停止、原子炉建屋で20カ所が水漏れ、タービン建屋で火災発生、2号機では原子炉建屋の地下浸水と非常用発電機3台の内2台が起動せず)・4月7日の余震(1~3号機の核燃料貯蔵プールの冷却機能が負荷により一時停止、燃料プールなど8カ所で水漏れ)ともに問題が生じている。

そこで、停止中ではあっても、誘発地震や余震に備えて、このような深刻な問題に対して、充分な対策を早急に施すべきである。現状では浜岡3号機の再開や6号機の新設、高速増殖炉もんじゅの運転再開、六ヶ所再処理工場の運転開始が許されないことは言うまでもなく、各地の新規原発の建設も、批判的市民も交えて時間をかけた公共的熟議をすることなしには決して強行すべきではない。

 これは、最新の科学的知見を踏まえた上での十分に蓋然性をもつ論理的要請なので、人間の生命を最優先的に尊重し、電力需要、経済的利益などの問題はこの次にして、すぐに実行することを政府・電力会社に強く要請する。

2011年5月6日

地球平和公共ネットワーク有志
池田恵子(山口大学)、板垣雄三(東京大学名誉教授)、稲垣久和(東京基督教大学)、上村雄彦(横浜市立大学)、内山田康(筑波大学)、梶原宏之(梶原博物事務所)、きくちゆみ(つなぐ光発起人)、小林正弥(千葉大学)、重松まみ、島田和子、千葉眞(国際基督教大学)、坊理可、中野弘太郎(公共哲学カフェ世話役、フリーランス編集者)、三瓶愼一(慶應義塾大学)、森中定治、山脇直司(東京大学)、渡邉りよ 他
  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 19:46Comments(0)あのニュースに一言

2011年04月30日

研究者の懺悔

http://takedanet.com/2011/04/post_f444.html

研究者の言葉を知った。

私は正しい認識と見方だと
思います。  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 14:14Comments(0)あのニュースに一言

2011年04月29日

日常の除染作業

おはようございます。

お天気がいいですが、
ずっと毎日除染作業が必要かも
知れませんね。

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103130121.html  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 07:34Comments(0)あのニュースに一言