プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年11月24日

「高齢者論」今も変わらず、もっと酷くなっている!

こんばんは。

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=rBAL5oJgygQ&feature=endscreen





2年前に出版された本を読む機会がありました。。

「若者奴隷」時代 ~若肉老食(パラサイト・シルバー)社会の到来~
 (山野車輪著)晋遊舎

です。  続きを読む

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 21:06Comments(0)この本に影響を受けました

2012年03月10日

有と無

こんにちは。




こんな言葉に出逢いました。。

有は無に始まり、無より生じるとは、何もない無から有が
出てくるのではなく、在るものは、それを支えているもの
(無)によって在る・・・・・という論理。

 「老子」(高橋進著/もとに帰るより抜粋)

  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 16:46Comments(0)この本に影響を受けました

2011年11月12日

不思議な人からの贈り物~人としての15ヶ条~

こんにちは。

「人としての15ヶ条」

1.人は「大自然」の法則に背いては何もできないことを認識する。
2.人は感謝して自然の恵みを受ける。
3.人は人倫に背く目的には毅然とした態度で望み、いかなることがあっても屈してはならない。
4.人は「良心」の養育に努める、
5.仕事人は常に顧客志向であらなばならない。
6.技術に携わる者は、常に注意深くわずかな異変、歳をも見逃さない。
7.技術に携わる者は、創造性、特に独創性を尊び、化学・技術の全分野に
  注目する。
8.人は論理的・唯物論的になりやすい傾向を戒め、精神的向上に励む。
9.人は「仁」の精神で他の技術に携わる者を尊重し、相互援助する。
10.人は強い「仕事愛」をもって、骨身を惜しまず、取りこし苦労をせず、
  困難を克服することを喜びとする。
11.人は責任転嫁を許さない。
12.技術に携わる者は、企業の発展において技術がいかに大切であるかを認識し、経済への影響を考える。
13.人は失敗を恐れず、常に楽観的見地で未来を考える。
14.人は技術の結果が未来社会や子々孫々にいかに影響を及ぼすか、
 公害、安全、資源などから洞察、予見する。
15.人は勇気を持ち、常に新しい技術の開発に精進する。


(西脇栄三郎「技士道十五ヶ条」ものづくりを極める術」より出典)



  続きを読む

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 14:55Comments(0)この本に影響を受けました

2010年10月24日

本当に知識社会なり。

おはようございます。

あの、ドラッカーの本を読んでいて
標題の社会構造を痛感しました。  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 09:36Comments(0)この本に影響を受けました

2010年06月27日

『原則を活かす』 ~その2~

こんにちは。

D・カーネギー「リーダーになるために」
には大切な事が。

  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 15:44Comments(0)この本に影響を受けました

2010年04月21日

「心を空っぽにすれば夢が叶う」

おはようございます。





とても新緑が綺麗で思わずシャッターしました。

少し前ですが、久しぶりにそのタイトルに
目が留まって本を手にとって読んだのが、この本です。

「心を空っぽにすれば夢が叶う」
(ヨグマタ・相川圭子著/講談社インターナショナル)です。  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 09:13Comments(0)この本に影響を受けました

2010年01月11日

二宮金次郎伝 2

おはようございます。

東京駅八重洲口の八重洲ブックセンター
の入り口に「二宮金次郎像」があります。

金箔はだいぶ剥れていたのが、すっと以前のため
近況は知りませんが・・・。


  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 09:58Comments(2)この本に影響を受けました

2009年10月05日

「ブタのふところ」

おはようございます。


 数年前から、凄く気に入っている
 シリーズものがあります。
 それは「ブッタとシッタカブッタ」シリーズ
 (小泉吉宏著)です。

  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 11:13Comments(0)この本に影響を受けました

2009年08月22日

勝間和代を目指さない。

おはようございます。

書店に立ち寄った時に、面白い本を手にしました。

香山リカさん著作の新刊本(本のタイトルは
忘れました。ゴメンナサイ。)でした。

  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 08:55Comments(0)この本に影響を受けました

2009年06月08日

タブーがない!

こんにちは!

本当に私たちはこの世の中で知らない事が

いっぱいありますね・・・。


以前ですが、知り合いにこんな人がおりました。






  続きを読む
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 11:21Comments(0)この本に影響を受けました

2005年09月12日

働く現場で「中絶勧告あり!!」の実態。

 どうしてこんなにいろんな問題、私流に言えば
社会問題があるのでしょうか?

 私自身が10年近く母子家庭で子育てしてきた世の中
なのですが、全然よくなっていません。知って欲しい!!
この非人道的な働く現状を・・・。

 「私たち人間は使い捨てのモノではない!!」
 「あなたたちは人間の命をどう考えているの!?」

 こんにちは。最近、読んだ本から「年収1/2時代の再就職」(野口やよい・中公新書ラクレ)。

 日本の若者は「HIKSカップル」(Half Income with Kids)=これは子供がいる年収が1/2になった夫婦の事を言います。私はひとり親家庭の世帯主を長年やってきたので、この事実が非常によく分かるのです。
 
 この中に中絶を迫られた派遣社員が出ています、(141頁)派遣会社では「続けたいなら”妊娠した”発言は絶対言ってはいけなかった」と大手派遣会社の担当者はつれない。(中略)・・・・・・これは既に「女性自身」でも掲載されている(会社に赤ちゃんを殺される!働く女性を襲う「妊娠リストラ」2003/07/01)のです。

 これらが働く現場での「人間使い捨ての実態」なのです。
いくら少子、、、といっても女性がまともに働いても
子供が産めない現実なのです。どうぞ特に会社の社長や管理職の方、そして団塊世代以上の皆さん、この現実を知って下さい。
 そして同じ女性の皆さん、自分と授かった子供の生命を護れるように声を出しましょう。この夫の年収だけでは生活が出来なくなっている現実を知り、女性たちの緩やかなネットワークを作りたいと考えます。

 10代や20代の女性たちへ
 これが現実のあなたたちの近い将来の姿ですよ。どう思いますか?


  はあとふる  
Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 20:32Comments(0)この本に影響を受けました