プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年12月16日

これからの灯台にhi (火)はあるか。

おはようございます。

早朝に目が覚めました。
こんなことはよくありますが、気になるのです。

今日が都知事と衆議院選挙だという事です。





ここで選択を誤れば、将来世代への禍根を
残すどころではなくなるでしょう・・・・!!

個人的な思いより長期の視点に立ちますと、
日本国家として世界中で漂流ばかりしていては
国民が生き長らえないと考えます。

体制として仮定説を立ててみました。

仮説1)旧来の自民党お金ばら撒き政治を選んだら、

・憲法改正あり
・原発再稼働あり
・建設国債頼みの国の借金を増やして、自分たちでは
決して支払わないだけ
・高齢者と富裕層のみ最優遇税制で、低所得者や弱者には
税的優遇策が行われないだけ

仮説2)現政権・民主党を選んだら、

・マニュフェストにガンジガラメに縛られ、言ったことと
実現したことが全く違うことになる
・公約は実行しなくていいと、いとも簡単に
スルーしてしまう
・財務省主導の、消費税などの増税を守ろうと
する
・実際に政治家として動ける現場対応が出来る
人材が足りない
・高齢者重視の政策は変わらない
・領土・防衛問題でも適切な対応ができかねない
・時限立法さえも行わず、震災後の原発問題で
復興と復旧を迅速に対応ができない

仮説3)第三極の各政党では
・あまりに急ごしらえで、安定した政権はできない
・第三極の集結は、来年の参議院選挙でも流動的に
集合離散の繰り返しとなる
・旧態依然からの政治家の多くを、担ぎ出しても
その先生たちが輝く時代はもう終わっている。この
認識が皆無。
・政治家の先生方は既得権益や族議員、あるいは
世襲で2世・3世議員で地盤・看板・お金(?)だったか
を引き継いでいる
・これだけ国内・海外のグローバル化の中では、
素人からのぽっと出の議員やタレント議員は
厳しく選別され、政治現場では使い物にならない

・・・・・・・・・・・

など、本当に難しい争点ばかりだと
考えられます。

ですから、現役・若者世代や女性たちの出番です。

いつまでも高齢者大国・日本では、私たちは
生き長らえませんよね。

この日本の中でも、勝ち組ははっきりと存在します。

負け組でも、いつでも勝ち組に
転じることができるチャンスがある国家であって欲しいです。

皆さんは10年後・20年後に、日本をどんな国に
したいですか?

私は、今までの歪な流れがさらに強固になって
行くであろう予測をしてしまって、本当に怖さを
感じています。


                    はあとふる.












同じカテゴリー(あのニュースに一言)の記事
国家の採点簿
国家の採点簿(2013-12-30 19:48)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 04:28│Comments(0)あのニュースに一言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。