プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2013年06月01日

2020年オリンピック招致や如何に・・・。

こんにちは。

ある報道で、標題を扱っていてこんなコメントを
耳にした。

「WhyとHowを訴えた」プレゼンを高評価していた中で、
これからは大震災復興のためのオリンピックであることを
訴えるべきだと。
私もこの意見に賛同したい。

さらに世界から見た日本の位置付けで、あの3.11は外せない
はず。
どんなに表面的に上面をなでても世界中は知っている、

外国の候補国にテロの脅威があるように、震災以降の日本の現状を情報開示し、
更に「Help me」を経験し続けた中で、教訓や得たものや、その形で
現在の日本が2020年にまで頑張って世界中に恩返しをしたいと
伝えるべきではないか。

その中で、こんなことを危惧していると予想が出来る。

今や円安で押し寄せている海外観光客が減少するとか、日本の食糧が
TPP締結後に問題視されないかとか、
除染しながらも、その中で生き残ろうと必死で頑張る福島原発の後処理の状況、
電気エネルギーに代わる再生エネルギーが決まらない問題とか。
いまだに放射能汚染問題は日常に降りかかってきており、
私たちの人間の命が病に冒されるリスクを抱えているし、
幼児や赤ちゃんにも先天的な病を得るリスクが非常に高いはず。


未だに増え続ける放射性物質の残渣。

その中で未だに必要とされる技術、

さて、この現状を熟慮の上、最高度の情報開示を実行しながら、
世界へ「Give & Given 」と「Help Me」を交互にプレゼンすべきではないか!?


頑張れ!!日本はもちろんだが、

足下の現実をやり過ごしはできないのではないか。

パワハラ・格差・ヘイトスピーチ・
若者の自殺増・・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00000011-wsj-bus_all

http://blogos.com/article/60643/


大いに見落とされている問題が多過ぎると思うのだが、
どうだろうか?

           はあとふる.






同じカテゴリー(あのニュースに一言)の記事
国家の採点簿
国家の採点簿(2013-12-30 19:48)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 11:39│Comments(0)あのニュースに一言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。