プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2014年01月23日

私からの一言。

おはようございます。

先日、某所でのこと。

子育て世代の人たちとの交流の場でのこと。
私はある体験を通じてこんな発言をしました。

「靖国神社に子供を連れて行ってごらんなさいよ。
子供が将来、日本の近現代の歴史を勉強するようになるから。」

その昔、3人の子育て中、私は広島に彼らを連れて行き、
また都内で第五福竜丸展示にも同行したのです。
さあ、母親なりの平和教育が彼らの内部に残っているかと
云えばどうでしょうか。

ただし、確実に言えることは母親のDNAを受け継いだ子供たちは、
本当に自立しています。
それはいろんな場面で実感しますし、単なるヤワナ人間ではありません。

ネットで、現在の親は将来、子どもにどんな道を選ぶかというのを目にしました。

内容は、子どもの学歴が「高学歴で低収入を選ぶか」、または「低学歴で高収入を選ぶか」
でした。

答えは後者「低学歴でも高収入を選ぶ」という人が多かったのです。

面白いなと思いました。

どんな状況でも強く生きて欲しいという親心がデータに表れていたのです。

ですが、今や走る時代のキーワードは、「サバイバーが舟を漕ぐ(row=Low)時代」
だと云えます。

「生き残れる人は、病気や障がい等生き残る実体験をしていて時代を引っ張る漕ぎ手
として活躍し、またLow低層(高収入ではない)の人たちが主流の時代」

に突入しています。

この背景は想像以上の超高齢化と少子化、
そして放射能の影響や病や障がいと多勢が闘っている現実
があるからです。

そして年下の若い世代が逞しく台頭していることを
喜ばしいと感じますが、世の常として年長世代が上手く
この世代間の変化に対応していないと思います。

ほんの一部の方々が、協力体制を敷いていますが。

ですから、これまでと同じ価値観
「勝ち負け」とか「高収入というお金の価値観」が
捨て切れない人が非常に多いみたいですね。

頑張って、旧来の価値観でこれからも生き延びて下さいww。

ですが、そのままだと子々孫々まで、昔からの同じレールには
乗れないし、無理すればウツや引きこもりになったりするでしょうね。

まずは、「Low低層を知り学ぶ 」のもひとつ。

こんなご提案は、高収入のあなたのプライドが許しませんか?

ですが、そんな考え方は今や間違っているのではないでしょうか・

その訳は、3.11が未だに続く日本ではいつ自分が癌など
にかかるか分からないというリスクが高いからですよ。
国内の食物は総て法令で規制されていますか?
違いますよね。

じゃあ、ご一緒に学びませんか。

それが異質を知るいい機会だと思います。


              
                   元気まつりPJT


























同じカテゴリー(・・・・・・・・・)の記事
1ラウンドの始まり。
1ラウンドの始まり。(2014-06-13 08:53)

謹賀新年
謹賀新年(2014-01-04 08:27)

知らない事とエール
知らない事とエール(2013-02-09 20:24)

懐かしい声
懐かしい声(2012-12-29 13:20)

初冬の師走の足音
初冬の師走の足音(2012-12-09 09:36)

天高く前に進む。
天高く前に進む。(2012-10-30 09:58)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 04:24│Comments(0)・・・・・・・・・
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。