プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2014年06月20日

渇にのぞみて井を穿つ

おはようございます。

日本サッカーは無得点でしたね・・・。

この姿は、今後の日本の将来を暗示していると
感じました。

それを前提にして、この故事を贈ります。



春秋時代。
魯の国の昭公は国をうまく治められず斉の国に逃げてしまった。
その斉の国の景公が昭公にたずねた話から、
「どうして国を捨てになったのですか?」
というお話がある。

景公は、昭公はまだ若いし、今、国へ帰れば再び国の危機を救うことができるかもれないと考え、
斉の国一の策士、晏子に相談したが、晏子はしばらく考え「だめでしょうな」と言った。

晏子曰く。
「水におぼれてからおぼれたわけを考え、道に迷ってから道を尋ねる。
それはまるで、危険に直面してから武器を作り、のどが渇いてから
井戸を掘るようなものです。もう手遅れ、ということです」

この「渇にのぞみて井を穿つ(掘る)」(ことわざ)は、

何の準備もせず、いざとなって慌てても、何の役にも立たないことの意味。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、皆さんは、この故事をどのように考えるでしょうか。


                               元気まつりPJT





同じカテゴリー(その他、なんでもかんでも)の記事
For the NEXT
For the NEXT(2014-11-03 18:17)

向日葵と世界地図
向日葵と世界地図(2014-07-21 10:22)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 09:11│Comments(0)その他、なんでもかんでも
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。