プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2014年07月13日

ガラガラポンで上がれない(更新)。

こんにちは。

少し前の事ですが、SNSを見ていての感想ですが。


例の集団的自衛権にしても、子どもから危険な空気を感じ取っている人は
多いのでしょうが、これらの国際的背景を考察してみて思う事。

国民全体の1,2割が反対を展開しているのですが、
どうしたものか。日本国内での不況や失業率の改善、
海外でのデータが見られません。

統制から削除されたとしても、
私たち一人一人が考えている以上に、昔から隠密で調えられた政策や
他を覆していくのは至難の業です。

一見平和は安心だとしても、
安全とは限らないし、日本国家は西あるいは南から見えない形で
崩壊していくことはないだろうか。
そりゃあ、人間の業が覆い尽くされているのは、
原発問題を抱える東エリアだが。

日本が今少しでも小康状態の瀕死の重傷患者だとしても、
その中で飲み食いしながら、眠れる屋根がある
環境を持てればいいではないか。

チェルノブイリは100万人が病や亡くなった数の報告が
流れていましたが、日本はその何倍にもなるだろうが。

ガラガラポンでも、決して2度と上がれない
今を生きる吾が同胞たちよ。

今を生きるを大切にして欲しい。

※参考にして欲しい。
元気をとか、ポジティブしか、現代の3,40歳代は歓迎しないのだが。

戦時や放射能や、大震災が来ても、
涙を流し、泣く行為を大いに奨励してほしい。
理由は泣いて初めて、弱い自分を知り、病や死に見舞われた
家族や友人が居ても、生きる痛さを理解できるからだ。
この感情を排除しているリーマンが普通だと知って
私は危険だと感じている。
自分の感情を排除する=弱い自分を受容できない=自死につながる
場合もあるから。
涙を流し、声を出して泣くことは原初行為だし、私たちも
生きる動物なのだから。決して泣く行為は恥ずべきでも
してはいけない行いでもないはず。
直近の台風で土石流で亡くなった中学生がいたではないか。
人間は大自然の前では、弱い生き物なのだから。


                    元気まつりPJT




同じカテゴリー(雑感・・・。)の記事
ごきげんよう。
ごきげんよう。(2014-08-23 11:02)

最近思う事。
最近思う事。(2014-07-25 10:18)

再現の想い
再現の想い(2014-07-05 10:31)

大切なことを学ぶ
大切なことを学ぶ(2014-04-28 10:45)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 17:29│Comments(0)雑感・・・。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。