プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2007年05月22日

超高齢化社会のひずみ

最近のことです。
あるお仕事で日本が想像以上に超高齢化社会に
突入していると強く感じることがありました。
私は「この日本が高齢者だらけになって恐い位だ。」と
と鳥肌が立つ感じだったのです。
これらの現象は決していいことだけではありません。
ですが、避けて通れない問題であって、そのために
爆発的なマグマを抱えているともいえます。

世界でも類を見ない超超高齢者社会なのです。この現実に
問題提起をしたいと思います。

労働力人口が減少していて、老老介護になって、
やたらNPOばやりになって、地域コミュニティーは消失して、
所得と消費格差が生じて、国保や税金を払えなくて又は払わなく
なって、、、、、いいことはありません。

その証拠に、私の元にあるお誘いが舞い込んできたりして、
急激な社会の世代交代が発現しています。その速度たるや
恐い位です。。。。そうしないと各団体や組織も存続するのが
難しくなってきているのです。

その現象は団塊世代を一足飛びに飛び越えて、いやそれよりも
70歳代の元気世代たちが20歳から40歳をターゲットにして
世代間の新陳代謝を図ろうと動き出しています。

まだそれを継承する側には実力が伴っていないばかりか、
その現団塊世代たちも着々とリタイア後に向けて準備を
進めています。。。。その心中たるや、人生のツワモノですから
年少世代には叶いません。

これらの世代を超えた世の中のひずみを、どうやって
解決するかには、はっきりとした答えが出ていません。

皆さんはどんな解決方法があるとお考えでしょうか?
ご意見をお聞きしたいものです。

             はあとふる
同じカテゴリー(あのニュースに一言)の記事
国家の採点簿
国家の採点簿(2013-12-30 19:48)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 06:36│Comments(0)あのニュースに一言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。