プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2009年11月22日

日本が生きる道~第三の道~

こんにちは。

あの国家戦略室・菅直人氏のHPを
少し拝見しました。

今回、私は異郷の地にていろいろ
思いを馳せることがありました。
それを一言で申し上げて、私提言とまとめました。

これからの日本国が生き残る道筋はこれしか
ないのではないかと考え至りました。

『同胞においては“和”を以って為し』

『異胞においては“個”を以って闘いと為す』


 つまり、日本国内では国民の和をもって融合を
はかり、対海外では自国や国民性で戦略を立て
闘っていくのが、この時代が変わった故にこれから
日本人が生きる道となるであろう・・・という内容です。

非常に拙い私見かも知れませんし、
一人の人間の見解に過ぎないかも
知れません。

島国日本には繊細なる国民特性故に育まれて来た
貴重な文化や文明が存在します。しかしこれからは
世界第2位のGDPも中国がとって代わろうとしている
現在、これまでの豊かなお金の享受は難しいばかりです。

この借金国・日本を再建し、私たち日本人が流浪の民
になる悲劇を避けるべき手段はどうすればいいか。

お金の豊かさはある程度必要でしょうが、
所得低減にも耐えうる企業や個人の耐性は
強くないと考えます。(それは年間自殺者が
3万人を超えている事実や欝患者の存在を見ても
自明です。)

その繊細さや世界中で中立性を保つことに腐心してきた
政治的背景もあるでしょう・・・。

ですが、この日本独特の姿を守るにはこれまでと
同じでは到底無理と考えます。


ですから、これからは国内と海外戦略は異なる内容
や方針展開で臨んで頂きたいのです。


簡単ですが、以上とりまとめを致しました。


            heartful.

同じカテゴリー(あのニュースに一言)の記事
国家の採点簿
国家の採点簿(2013-12-30 19:48)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 18:49│Comments(0)あのニュースに一言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。