プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2010年09月14日

自分や弊社の役割

おはようございます。

今朝はいい感じの風が気持ちよく吹いています。

とても気持ちがいいですね。。

皆さんは、自分の役割について
考えることはありますか?

少し前からですが、こんな内容を知りました。

例えば、いろんな分野のいろんな会社が
あって、多くの事業やプロジェクトを展開
しています。

なるほどなあ・・・と思います。

そして弊社(自分)の場合は何々だと見るのですが。


其の時も通じて、弊社の役割は全く異なると認識しています。

自分の役割の一つは、

(社会に)仕組みやシステムを提供することで、
私は提供する側の人間なんです。

それがいい悪いのレベルではなくて、実際そうなんです。

大袈裟に申すと、「そんな役割や使命が自分にある」と
知って気付いています。

ですから、個単位でのPJとか事業ではないなと
見ています。

そして諸々の意見があるかも知れませんが、

社会や世の中の人たちがより良く生きて暮らしやすく
するために、小さな意見や観方を提案したり提示すること。

これも役割の一つみたいです。

たとえば、社会全体の動きが不穏だったり思わしくなければ、

「こうじゃないですか?」とか、

「この全体の問題を解決するためには、これこれすれば
いいですよ。」とか、

広く皆さんにお伝えする役割もあるようです。

自分だけでなく利他の心も知って動くことが必要みたいです。

ですから、今回スタートしました「はあとふる.アート」は

その一つの形です。

その内容や展開はこれからも少しずつですが、
バージョンアップして行き、内容が更新されて行く
ことでしょう・・・。

私が目指すのは、自分含めてみんなが幸せになる事です。

そのための小さな手作りの仕組みを

世の中に提供する事で、各世代が断絶することなく、

そして健常者や障害者が気持ちの上でいがみ合ったり、
暮らしにくい等が少しでも少なく、

そんなシステムが理想だなと考えます。

皆が互いに違いを認め合い、仕事をしながら
稼ぎ支えあう・・・そんな仕組みを提供したいと
考えます。


             はあとふる.


同じカテゴリー(はあとふる事業)の記事
幸せを運ぶ事業
幸せを運ぶ事業(2011-12-10 10:11)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 09:58│Comments(0)はあとふる事業
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。