プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年04月12日

「エネルギー政策転換に向けた議員セミナー」No.1

こんばんは。

さ~てと、国の中で早速標題の動きが始まりました。

ご紹介します。

「エネルギー政策転換に向けた議員セミナー」

<第1回>
院内集会
【日時】2011年4月19日(火)16:00~18:00
【場所】衆議院第2議員会館多目的会議室
(東京都千代田区永田町1-7-1 最寄駅:国会議事堂前、または永田町)
【講師】(敬称略)
大島堅一(立命館大学教授)
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
西尾漠(原子力資料情報室共同代表)
福島第一原子力発電所の事故は、日本のエネルギー政策の根本を揺るがすものとな
りました。いままで原発に依存してきたエネルギー計画や温暖化対策の抜本的見直し
が必要となってきています(注)。また、「原発技術先進国」日本におけるこの深刻な
事態により、「パッケージ型インフラ海外展開」の一部として政府が進めてきた原発
輸出政策も困難となってきています。
本集会は、エネルギー政策の転換がなぜ必要なのか、どのように達成するのかを議
論するシリーズの第一弾です。エネルギー経済、エネルギー政策における温暖化対策、
政策転換の望ましいプロセスについて3人の専門家が解説します。
(注)菅首相は3月29日の参院予算委員会で「太陽光などクリーンなエネルギーについて、日本のエネルギー政策をどうするべきか改めて議論が必要だ」と答弁しています。また、海江田経済産業相は閣議後の記者会見で「基本計画は、これまでと同じような形ではいかない。政府全体でエネルギー政策をどうするのか話をしなければいけない」と述べています。

【定員】140名
【資料代】500円
【主催】環境エネルギー政策研究所(ISEP)、原子力資料情報室、
国際環境NGO FoE Japan、グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、原水爆禁止日本国民会議
【協力】市民がつくる政策調査会、地球・人間環境フォーラム、メコン・ウォッチ
【申込み】下記あてにメールでお申込みください。
国際環境NGO FoE Japan 満田、渡辺
Tel: 03-6907-7217 Email: finance@foejapan.org 携帯:090-6142-1807
※議員会館の外からお越しの参加者には、15:45から16:15まで、衆議院第2議員会館の
入口で入館証を配布します。大幅に遅れる場合は、あらかじめご連絡ください。


ご参考まで。


               はあとふる.


同じカテゴリー(あのニュースに一言)の記事
国家の採点簿
国家の採点簿(2013-12-30 19:48)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 23:39│Comments(0)あのニュースに一言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。