プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年04月21日

「放射能に克つ人間力」&「当たり前は決して存在しない自覚を」

おはようございます。

あの福島原発の放射能汚染のニュースが
毎日報道されています。

その中で、ふとこんな記事を
目にしました。
放射能に克つものは笑いだというのです。

たしかに、笑顔や笑いは本当に健康に
いいですね。

現在非常に不憫だなと思うのは、子供たちです。

元気で戸外で思いっきり、運動したり
トモダチと遊べないのですから・・・。

それも長期に亘って、その放射線量が
低減しない限り、これまでと同じ生活は
失われるのですから・・・。

たぶん、これまで以上に弱者や被災された人たちが
国側に声を挙げる事が当然増えるでしょう・・・。

ですが、その中で忘れていけない点は、
自分のやる気・元気・笑い声・笑顔・・・ですね。

人間はこれまで普通にして来た毎日の生活や
お金や住む家、当たり前だった仕事や報酬から
家族および自分の生命健康等を失って初めて
それが存在する事が当たり前とか
普通ではなかったことに気付くのです。

これを有事とか、

尋常ではないとか、

呼びます。

が、それには気付ける環境や条件が

必要です。

他者に依存する生活やお金の有無に

深く関わるのですが、それが失われるとは

つゆに思わない不遜な人間が、私たち個人の人間です。

1番重要な事は、「生老病死は誰にでも同じに来る」のです。

日本では若い女性や、年代的に美貌や若さを保つ有閑マダムとか
富裕な女性が話題になり、尊ばれる風潮があまりにも
強過ぎます。

これは女性の自分の視点なのですが、そんなに狂いは
ないと思います。

それに付込んだ24時間TVショッピングとか、
美容整形とかダイエットとか廃れません。

あの3.11は、私たちの生活スタイルから固定観念までをも
転覆させて大きく変えるきっかけになったと言われます。

大局的な流れでは、この変化も当たり前に
見えるかも知れません。
それが小人の人間に見えないだけなのです。

数年前のリーマン・ショックで、経済やお金の仕組みが
暴露されて世界中に激震をもたらしました。

今回は<いのち>に直結する分野で、
放射能と言う敵に相対しなければ
いけない事実と現実があります。

それは安全や健康にまたがります。

ですから、お金・安全・健康・・・

を忘れてはならないのです。

地球時代と言われる現代では、

小人の地球船に生きる人間は

慎ましやかに感謝にて、

生命をつなげていくしかありません。

人類の叡智を結集して、

技術や人間が持てる力を集めて、

少しでも笑って生活したい物です。。

朝を迎えた事に感謝して。。。


         はあとふる.













同じカテゴリー(人間力)の記事
信じる心
信じる心(2014-09-03 00:01)

今面白いこと!!
今面白いこと!!(2013-04-23 20:41)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 05:45│Comments(0)人間力
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。