プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年07月10日

日本の富裕層は、冠たる世界の富裕層には及ばない現実。

こんにちは。

こんな記事を目にしました。

そして思い出したこと。

かつて富裕層をターゲットにした法人の
知り合いがいて失敗したことを知っていました。

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20110706/106802/?P=1
自らの資産の保全ということに最も敏感な、世界の富裕層が持続可能性に関心を強めているという事実は、時代の状況を端的に表しているように思えて、実に興味深い。 (ECO JAPAN「持続可能性への関心高める世界の富裕層」より抜粋)

これは資産やお金に対する考え方が日本人と外国人では根本的に違う
ためではないでしょうか?

1代で築いた財産を子孫世代まで残そうと考えてきた日本人の純血は
今でも残っているでしょうが、グローバルな視点では50年・100年を
見据えた事業化や蓄財を考えなければ露と消え去る激動の世紀に入って
いませんかね・・・。

自分がどんなに健康で長寿を誇っても、

大気・水・土壌・食物まで放射線に汚染され続けながら、

子や孫世代が長寿とは誰が一体保障してくれるのでしょうか?

要は100年住宅を謳えるように人間の寿命が125歳までと謳いたければ

その視点に立って、資産や財産を保全し、其れが出来る策や方法を

講じるのが世界の富裕層の様です。


私流に言い換えれば、どんなにお金持ちの人でも

お墓に入る時にはお金を持っていけないのです。

桁が違うお話でしょうが、、、、

自分や子・孫世代まで健康で安全でお金を貯めることが
できたのは昔の話だという現実に気付いて欲しいものです。。


               はあとふる.








同じカテゴリー(その他、なんでもかんでも)の記事
For the NEXT
For the NEXT(2014-11-03 18:17)

向日葵と世界地図
向日葵と世界地図(2014-07-21 10:22)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 18:18│Comments(0)その他、なんでもかんでも
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。