プロフィール
元気まつりPJT/重松まみ
元気まつりPJT/重松まみ
シロイルカは脱皮すると聞いたことがあります。元気祭りPJTを新たにスタートしました
重松です。初心に戻って原点回帰して、広い世界中の人たちと元気になれるドラゴンボールを求めたいと思います。皆さん、元気まつり活動にご一緒しませんか?
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年11月12日

不思議な人からの贈り物~人としての15ヶ条~

こんにちは。

「人としての15ヶ条」

1.人は「大自然」の法則に背いては何もできないことを認識する。
2.人は感謝して自然の恵みを受ける。
3.人は人倫に背く目的には毅然とした態度で望み、いかなることがあっても屈してはならない。
4.人は「良心」の養育に努める、
5.仕事人は常に顧客志向であらなばならない。
6.技術に携わる者は、常に注意深くわずかな異変、歳をも見逃さない。
7.技術に携わる者は、創造性、特に独創性を尊び、化学・技術の全分野に
  注目する。
8.人は論理的・唯物論的になりやすい傾向を戒め、精神的向上に励む。
9.人は「仁」の精神で他の技術に携わる者を尊重し、相互援助する。
10.人は強い「仕事愛」をもって、骨身を惜しまず、取りこし苦労をせず、
  困難を克服することを喜びとする。
11.人は責任転嫁を許さない。
12.技術に携わる者は、企業の発展において技術がいかに大切であるかを認識し、経済への影響を考える。
13.人は失敗を恐れず、常に楽観的見地で未来を考える。
14.人は技術の結果が未来社会や子々孫々にいかに影響を及ぼすか、
 公害、安全、資源などから洞察、予見する。
15.人は勇気を持ち、常に新しい技術の開発に精進する。


(西脇栄三郎「技士道十五ヶ条」ものづくりを極める術」より出典)



これは西堀栄三郎の「技士道十五ヶ条」をもじった
内容です。

かの「3.11」を境にして、大きく価値観が転換されて、
パラダイムシフトが叫ばれました。

でも果して現実はどうなのだろうか?
と考えるに至りました。

上記の「人」は「技術に携わる者」に置換されますが、
私は人としてとか、人間としてと考えられると
思いました。

皆さんの心にはどんなに響くのでしょうか?


           はあとふる.




同じカテゴリー(この本に影響を受けました)の記事
有と無
有と無(2012-03-10 16:46)

二宮金次郎伝 2
二宮金次郎伝 2(2010-01-11 09:58)

Posted by 元気まつりPJT/重松まみ at 14:55│Comments(0)この本に影響を受けました
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。